ホーム>ブログ

ブログ

罪悪感の先にあるもの。

ウケるwwww

 

5月からブログほったらかしてたwwwww

 

 

 

 

 

またボチボチ書いて行こうかなって思いますw

 

 

 

 

 

もう9月なんだねぇ。

 

4月から息子を東京に残して、娘と二人大阪に来たわけですが

 

 

息子と離れて暮らすことへの罪悪感は

 

 

本当に最強に、もう、マックスに、ベイマックス並みに、

 

死ぬほどに、なんなら死ぬのかと思うほどに

 

ゾンビになりたい!とか夢みちゃうほどに。

 

 

 

わたしを羽交い締めマンボーしてて

 

まぁ、とても苦しかったんですわw

 

 

 

 

 

でね、ここ最近たくさんの人と話してる中で

 

ちょっとザワザワすることが、ちょびちょびあったのだけど、

 

昨日、決定的なやつが来たのです(笑)

 

 

 

 

お友達のMちゃんが、こないだ息子を1日預かってくれてて

 

その時の息子の様子やらを教えてくれたんよね。

 

 

 

話しながら、めちゃくちゃ心がザワついてたから、

 

今日改めてノートに感情を書き出してたの。

 

 

 

まぁ、息子は色々とMちゃんたちに迷惑というか、

 

手間をかけていたのだけど、

 

Mちゃんは、ただ事実として起こったことを教えてくれただけなのにね、

 

 

なんか、ザワザワが止まらないんよw

 

 

 

 

そして、出て来たのはね。

 

 

 

 

 

息子は、わたしが居ないせいでワガママやし、

学校にもなじめないと思ってる・・・(笑)

 

わたしが!!!!思ってるのね。ね。ね。ね。ね。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、出てくるわけです。

 

 

 

「そもそも、わたしが居れば、

息子を預ける必要がなかったし、

迷惑かけずに済んだのに・・・」

 

 

 

 

おおおおおおおおおおお!

 

 

出たぜ、じぶん責め!!!!!!!!

 

 

暗!!!!!!!

 

 

超絶暗い!!!!!!!!笑

 

 

 

 

 

裏を返せば

 

「わたしが居れば、全部大丈夫になるのに・・・・」

 

 

 

 

 

うひょーーーーーーーーーー!

 

 

どっから来た、その自信!!!!!!!!!!

 

 

 

母親だからか!

 

 

母親だから、できると思っとんのか!!!!!!w

 

 

 

 

 

なにこの、

 

ザ・苦しみの承認欲求満たしwww

 

ザぼんちのおさむちゃんもびっくりや(子供のころ、好きやったのw)

 

 

 

 

しかも、

 

 

 

一人で!!!!!!!

 

 

 

そして、

 

 

一人で!!!!!!!!!!笑

 

 

 

 

 

痛い、痛いよ、痛いよ、わたしwww

 

 

 

 

 

クソだせーーー。

 

 

クソだせーから、とりあえずぶっ壊しにかかってますw

 

 

 

 

 

そもそも、わたしが設定している前提がキモい(笑)

 

 

 

「わたしが居ないせいで、なんちゃらかんちゃら・・・・」

 

 

 

うん、キモいw

 

 

 

じゃぁ、どうしてやろうか。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、もしもってことにしといて、

 

 

もしも、

 

「わたしが居なくても、息子が幸せ全開、楽しさ全開で良いのだとしたら」

 

 

「わたしが居ても居なくても、どっちでも良いのだとしたら」

 

 

 

 

 

よしよし。

 

 

 

「夏休みが終わって、パパのところに息子を連れ戻した時に、

わたし、めちゃくちゃホッとしたことが良いのだとしたら」

 

 

「息子がいなくても、息子のことを忘れ去って、

わたしが楽しみまくって生きてて良いのだとしたら」

 

 

 

よっしゃ。

 

これを、前提としておこう。

 

 

 

 

わたしの罪悪感は、母親は一緒にいるべきだ!から来たもの。

 

 

一緒に居ないから罪悪感やけど

 

 

こないだ、息子に言われたんだよね。

 

思い出した。

 

 

 

 

「ぼく、どこに居ても楽しいよ?」

 

 

 

 

 

あちゃぱ!!!!笑

 

 

母が認知症になりまして 〜母が選んだ道〜

はい、母が認知症になりまして。

 

 

ずーっと、黙ってたけど、

 

去年からわたしがちょいちょい娘だけを連れて大阪へ帰っていたのは、

 

父の出張中に母を見れる人がいなかったからです。

 

 

 

 

 

 

子供のころ。

 

 

母は、一人っ子のわたしに構うことなく、ずーっと仕事をしていました。

 

 

母なりの、母が思う、強い子に育てる、そんな教育をされながら育ちました。

 

 

 

泣くな!早くしなさい!

 

 

 

 

 

 

母は、ずーっと仕事をしていました。

 

 

ご飯をたまに一緒に食べていても、ずっと仕事の話をしていました。

 

 

学校の話を母にしたことは、きっと一度もないような気がする。

 

 

 

家族といても、わたしは居場所がなくて、一人ぼっちでした。

 

 

 

 

白は白!

 

黒は黒!!!

 

わたしが白って言うたら白!

 

黒って言うたら黒!!!!

 

 

 

 

母は、わたしがうまれてすぐに体操クラブを設立し、

 

 

強い選手たちを育ててました。

 

 

 

16年前からは、体操の世界ルールを決めるような体操の頂点の組織に、

 

 

日本でそこに選ばれる人はほとんどいない中

 

 

母は、世界から7人の中に選ばれて、16年間やってきました。

 

 

 

 

わたしは、母があんまりにも母らしくないから、

 

母があんまりにもわたしをレールに乗せてきたから、

 

 

レールに乗って生きてきたわたしは、22歳の就職の時に

 

 

何がしたいのか分からないことに唖然としました。

 

 

夢も、希望も、将来も、なにも見えなかったのです。

 

 

 

 

 

 

母をずっと恨んでました。

 

 

 

30歳になった頃、どかーーーーーーーーん!と爆発しました。

 

 

超遅いよね、反抗期(笑)

 

 

 

 

 

レールに乗り続けて、どうしたらいいのか分からないままに、爆発し、

 

 

それでもどうしていいのか分からないままに結婚をし、

 

 

どうしていいのか分からないままに子供を産んだ。

 

 

 

 

子供をうむまでわたしは、ごまかしごまかし生きてきた。

 

 

 

ポーカーフェイスで、「わたしは大丈夫よ!強いよ!」風で

 

 

きっと、ほとんどの人が騙されてたと思う。

 

 

 

 

子供を産んで、ポーカーフェイスができなくなって、

 

スピリチュアルの世界と出会うことになったの。

 

 

 

 

 

 

話は戻して。

 

 

30歳の時に爆発して、今40歳。

 

 

 

1年ちょっと前に、母からかかってきた電話で、母がなんかおかしいことに気づいた。

 

 

 

そこから、症状がちょっとずつ進んできて、今でも「軽度認知症」のレベルだけど

 

 

症状は確実に1年前のそれとは違って。

 

 

 

 

わたしは、絶望した。

 

 

 

「クソババア!!!!!!!!!!ボケやがって!!!!!!!!ズルいやろ!!!!!!!」

 

 

わたしの恨みを本人に果たせないままに、母はさっさとボケちゃった。

 

 

 

 

書いてても泣けてくるけど、この1年ちょっとの間に離婚もして

 

息子と離れて暮らすことも選んで。

 

 

 

 

わたしは、色んな怒りを出してきたの、この何ヶ月。

 

 

 

恨みも、怒りも、それでいいよって、自分に許可を出して怒りまくった。

 

 

 

ボケて分からない母に、めんと向かって言ったりもした。

 

 

ボケやがって!!!!!!!わたしの思いをどうしてくれんだよ!!!!!

 

 

 

 

 

そして、今も、まだちょっと心の中がグニュグニュしてるけど。

 

 

 

 

思ったんだよね。

 

 

 

母は、ボケることを選んだんだなーって。

 

 

母のお母さんは、母が小学校の時に自殺して。

 

おじいちゃんは、超怖くて怖くて。

 

10年前に火事で死んだ。

 

 

そんなおじいちゃんに、長女やからって、強く強く育てられた母は

 

 

すんごい強い人で。

 

 

 

ずっと泣かなかったんだろうなと思う。

 

 

ずっと、強いふりしてたんだろうなと思う。

 

 

 

 

 

無理して生きることを、やめようって思ったんだと思う。

 

 

ボケないと、やめれなかったんだろうなって。

 

 

 

 

でね、さらに思ったの。

 

 

 

人は、無理して生きていると、

 

本当の自分に戻るために、色んなことを選ぶんだ。

 

 

 

自殺すること。

 

 

認知症になること。

 

 

精神病になること。

 

 

病気になること。

 

 

そして、何かにならずに、自分を変えること。

 

 

 

手段は、どれでもいい。

 

今の自分を変えるために、みんな何かを選んで生きてるんだと思う。

 

 

 

 

母も、おじいちゃんに歯向かうことを選ばず、無理することを選んできて、

 

今、認知症を選んだ。

 

 

 

わたしも、母に歯向かうことを選ばずに、無理することを選んできて、

 

今、ありのままのわたしに戻ることを選んだ。

 

 

 

母への恨みなしに、今のわたしはありえないのです。

 

 

母への怒りなしに、わたしは、二人の子供たちに会えなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

今の母は、本当に子供みたいなのです。

 

 

いっぱい泣くのです。

 

 

父と一緒に寝るって、狭いベッドで二人で寝てるのです。

 

 

 

 

父と寝る前は、夜中になって父が寝ると

 

 

一人でマンションの1階に行ってたの。

 

 

何かを探してたんだなって、ふと分かった。

 

 

 

 

何を探してたのかな?って思った時、

 

 

「居場所」って見えた。

 

 

 

 

わたしも、ずっと居場所を探してた。

 

 

母もずっと「居場所」を探してたんだなぁ。

 

 

 

 

 

 

娘の離婚が心労になって、認知症になったんじゃないか?

 

 

とか言う人もいたけども。

 

 

 

アホかっ!!!!!!!!!!笑

 

 

アホも休み休みに言うてくれ(笑)

 

 

 

 

 

 

母が選んだのです。

 

 

 

自殺も、精神病も、認知症も、そんなことしなくて、変わろうとすることも。

 

 

 

 

どれも、みんながそれぞれ

 

「変わるために」

 

「本当の自分に戻るために」

 

 

選んだことであって、

 

 

誰かのせいではない。

 

 

 

 

だから、わたしも、堂々と、正面から、もっともっと望む方に変わろうと思う。

 

 

 

 

 

変わることは怖い。

 

 

だけど、わたしは自殺しないし、精神病にもならないし、認知症にもならない。

 

 

ならば、わたしは自ら切り開いていくやり方しか、今のわたしの中には方法がないんだ。

 

 

 

 

 

だからね、人を哀れむ必要なんてどこにもないの。

 

 

みんな、選びたい生き方を選んでるから。

 

 

 

ルーシーの心配をしなくてもいいし、憐れんでほしくもない。

 

 

憐れもうもんなら、

まじでハゲになる呪いかけといたからな!!!!(笑)

 

 

憐れんでみ、疑うならばw

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、伝えたかった、みんなに。

 

 

 

 

 

わたしは、母のことも、父のことも。

 

 

子供たちのことも、子供たちのパパのことも。

 

 

そして、今ここに生きるみんなのことも。

 

 

 

 

どんな状況でも生きていける、たとえ、自分が引き金になって生まれた環境すらも

 

 

水面下ではそれぞれが選んだ道だと思ってる。

 

 

 

 

 

なんか、久しぶりのブログで書きなぐっちゃったけど。

 

 

 

そんなこんなで、生きてるよ♡♡

 

 

 

 

 

 

まだまだ、クソババア!!!!!!って言ってることもしょっちゅうやけど(笑)

 

 

ボケてるからちょうどええか!くらいに思って、進んでいくからねwww

 

 

 

 

母がその世界ではあまりにも偉大だったから。

 

雲の上の人だとか、神みたいな存在だって言ってくれる人が多くて

 

そんな人が認知症だって、言えなかった。

 

 

 

だけど、そんなわたしらのプライドなんて、もうこれからは必要のない時にきてる。

 

 

そんな時代じゃないし、そんな地球でもない。

 

 

 

ありのままに幸せに生きて、この人生を全うすること。

 

それが、わたしが母に求める、これからの姿です。

 

 

 

 

ちょっとした、今まで黙ってた告白でした。

 

 

201756155427.JPG

 

 

もうね、聞かなくてええことまで聞くな!

 

昨日は、声紋分析だけのイベントだったの。

 

インフルとかで来れない人も数名いたけど、

 

ドタ参加してくれた人もいて、

 

6名での開催。

 

 

普段はコラボしてたり、人数が多かったりするので、

 

そんなに深い内容になることは少ないのね。

 

 

201734134540.JPG

 

そんな中、昨日は自分で言うのもなんだけど

 

ラッキーだったと思う(笑)

 

 

 

5人くらいだったら、かなり深く進められるし、

 

今後は、少人数制で深読みグループセッションみたいにしてもいいなぁ。

 

 

 

 

声紋分析ってね、

 

自分のフルネームを6秒間言うだけで、

 

声の周波数を12色の色に分布するという優れもの。

 

こんな感じにね。

201734132344.JPG

 

 

ざっくり見て、あなたが情報をどこから取ってるのかが分かる。

 

 

・体感覚(触ったり、匂いや味で情報を取ってる)

 

・聴感覚(声や音で情報を取ってる)

 

・視感覚(見て情報を取る。第一印象で選ぶのも得意)

 

 

 

だいたいは、その人のグラフって

 

何回録ってもあんまり変わらないのだけど

 

昨日はね、色んな話しをする中で

 

あれ?本来のあなたは、どれでしょう?

 

って流れになったんよね。

 

 

 

疑う余地もなく、その人は聴感覚の人なんだけど、

 

なんで、視感覚をそんなに消しちゃってんの?

 

これ、無いんじゃなくって、消してるよね?

 

 

 

というところまで、色の出方の細かいところを見ながら

 

そして、じっくり話しを聞く中で見えてくるから面白い。

 

 

 

 

グラフ見てるとね、その人の自信の無い部分とか

 

消しちゃってるだろう部分とか、

 

無駄にがんばりすぎちゃってるのとかまで見えるんだよ♡

 

 

 

 

でね、いっつもこういうのしてると、

 

ふいにビジョンが頭の中に出てくるんやけども

 

 

 

その人、今のその状況がもう嫌だ!!!!っつってんやけど

 

 

ビジョンの中では、めちゃくちゃ楽しそうに

 

しかもすんごい勢いで、

 

その「いやだ」の中に自ら飛び込んでるんよね(笑)

 

 

 

あーーー、ウケる(笑)

 

 

 

 

本人悩んでるのにね、わたしには面白くしか写らなくて

 

個人セッションしてたら、笑っちゃうのね、いつも。

 

 

 

だから、普段はあんまり個人セッションはしてないのだけど、

 

辛い時にルーシーが笑っててもいいって思える人には、

 

個人セッションはオススメです(笑)

 

 

 

 

でね、これは聴感覚優位の人あるあるなんやけど。

 

 

 

聴感覚が優位な人は。

 

 

共感能力も半端ないの。

 

 

 

聞こえてくる言葉、聞こえてくる声色、

 

それに、共感能力を発揮することで、

 

人の心がわかる素晴らしい人なんです。

 

 

 

だけど、その使い方が少しズレてくると、

 

その相手の声色に騙されるという、お人好し(笑)

 

 

 

共感能力は、あって良いものだけど、

 

いきすぎると、入り込みすぎて、聞いてあげちゃいすぎて、

 

本人がしんどいことになったりするのです。

 

 

 

 

そんな人はね、好きな人には、好きな内容には耳を傾ければいいし、

 

なんぼでも共感すれば良いのだけれど、

 

 

好きじゃない人や、

 

好きな人が言ってても好きじゃない事柄に対しては、

 

「聴く力」のスイッチを切るという選択もあることを知っててほしい。

 

 

 

全部を聞いて、全部に答える必要は、もうないね^ー^

 

 

 

 

 

自分のスイッチオンオフ。

 

 

そんなんも見えてくる、声紋分析。

 

 

声紋分析×ルーシーは、やっぱ、最高やわ♡

 

 

 

♡今後のイベント♡
  • 3月14日(火) 源&ルーシー アロマ×声紋分析×不幸自慢大会 in 東京

【残2席】

http://www.bloomin-lucy.com/contents/2017/03/314-in.php

 

  • 3月19日(日) かつみ×ルーシー ファッション&声紋分析 グループセッション in 東京

【お席あります】

http://www.bloomin-lucy.com/contents/2017/03/319.php

 

  • 3月25日 ルーシー&さおり 声紋分析×筆跡診断 in 岡山

【たぶん、まだ数席大丈夫w】

メッセージでお問い合わせください。

 

  • 3月26日 ルーシーの声紋分析個人セッション in 岡山

【満員御礼♡】

 

  • 4月29日 ルーシーの声紋分析セミナー in 名古屋

【満員御礼♡】

 

  • 5月12日 ルーシーの声紋分析セミナー in 三重

【募集中やけど、まだ告知も何もしてませんw】

ハゲじじぃからの質問「なんでそんなに勇気があるの?」

 

離婚したこと、子ども2人の親権を、パパとママで分けたこと。

 

 

を読んだ自称ハゲじじぃさんから、質問がありました(笑)

(わたしがそう呼んでるんちゃうからね、あくまでも本人が自分で呼んでます)

 

 

 

「なんでそんな勇気があるの?なんで踏み切れたの?」

「きっかけは何だったの?」

「離婚したいけど、子どもに、孫にいつでも会えなくなると思うと踏み切れない」

 

んだそうです。

 

 

 

 

という、これだけの文章からその人のことはよくわからないのでねw

今日は当てずっぽうで読み解いていこうかと思います(笑)

 

 

 

あ、まずね。

 

「なんで離婚したの?」ってよく聞かれるんやけど、

なんで離婚したかを知りたい人は、ゴシップ好きなんやろうね(笑)

 

 

 

 

わたしが離婚を選んだ理由は、参考にならないと思います。

 

わたしが不快に感じることが、必ずしもあなたも不快に感じるとは限らないから。

 

だから、基本的に、なぜ離婚したいと思ったかは、親しい友達にしか話しません。

 

 

 

 

ルーシーが不快に感じたことを書いたってね

 

「あ、ここ不快に感じなきゃならないんだ!」とか

「あ、こんな程度で不快なんて思う自分はダメなんだ」って

違った誤解を生むだろうしねw

 

 

 

 

 

 

 

では、なぜそんな勇気を持てたか。

 

 

 

 

えっとー、逆に言うとね。

 

 

 

 

今から3年、5年、10年という時の流れを考えらね。

 

 

今ある「違和感」を持ち続けながら生きて行く勇気がなかったから。

 

 

今、「違和感」を感じているのに、いつ死ぬかも分からんのに、そのまま何もないかのように、生きて行くという根性がわたしにないからです。

 

 

んで、やっぱり離婚間違ってたわ!って思ったら、また結婚したらいっか〜!

って、相手のことも考えずに思ったから。

 

 

 

 

以上っ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あかん?笑

 

 

 

 

 

 

 

たぶんね、この自称ハゲじじぃさんは、

今、しょっちゅう子どもや孫に会える環境にいるのだと思います。

 

 

 

でね、自分の生きがいが子どもや孫にあるから、

ちょっとの間でも会えなくなる環境になるのが怖いのだと思います。

 

 

 

直球で言っちゃえば、子どもや孫の存在に依存した生き方をしてるから。

 

 

 

 

 

でね、この人は離婚したいと言ってるけど、

本当に離婚したいと思ってるかどうかと言えば、ん????です。

 

 

 

 

ここは、どうもお金に関わってきそうな気がするのね。

(セッションにお金を使えない状況だと言っていたので。

なので、個人的には相談に乗らず、こうしてブログに書いてるんやけども)

 

 

 

男としてお金がない状況。

 

 

 

そんな自分におそらくかなりダメ出ししてるんやと思います。

奥さんにも、ヤイヤイ言われて来たかもしれないしね、知らんけど(笑)

 

 

 

「お金」が引き金になって、自分という存在にダメだししてしまうんやと思います。

 

 

 

駄目な自分を払拭するために、

子どもや孫の存在でごまかしてるというのが、ルーシーの見解です。

 

 

だからね、お金をちゃんと稼いで借金なくなっても、自分のことはダメ出しし続けると思います。

 

 

 

あ、ちょっと厳しいね。

でも、やめへんけど(笑)

 

 

 

 

 

どこまでいっても、どんな自分もオッケーなんだねって思える土台を作っていくこと。

 

どんな自分もオッケーなんだねって思い出すこと。

 

 

 

今、出来る部分からコツコツと

自分に

離婚したけども、イエスタデイ。わたしは至って、普通です(笑)

 

えーっと、昨日、フェイスブックで「離婚報告」をしたのですが、

 

いっぱい「おめでとう」をいただきました(笑)

 

ありがとう。

 

 

中には、結婚したと思われた方もいるぽいけど、離婚したんですね。

 

 

 

 

でね、個別にいっぱい応援メッセージとか、詮索とか?w

 

もらうんやけど、同じ質問に1人ずつ答えてると

人生終わりそうやから、ここに記しておきますねんw♪

(実は、昨日、クソ長いブログ書いてしもて、何人かは読んでくれたみたいだけど、公にfacebookではアップはしなかったのだw)

 

 

 

大阪に引っ越すの?

 

うん、引っ越すの。

もう、家も借りております。

実家のめちゃ近所で暮らします。

 

すでに、半分向こうで生活している感じです。

 

 

 

子どもたちはどうするの?

 

上の息子の親権は元旦那さんに。

下の娘の親権はわたしに。

 

パパと息子は、東京の同じ場所で生活を続けます。

 

わたしと娘は、大阪へ。

 

でもまあ、息子らはこのままやし、娘はまだ学校も無いわけやから、

しょっちゅう大阪と東京は行き来します。

 

 

 

嫌いじゃないのに、なんで離婚するの?

 

どん底まで相手を嫌うまでは、離婚しちゃいけないの?笑

どん底まで、耐え忍ぶの?笑

 

 

それは、名付けて「拷問遊び」?笑

 

なんの訓練なんでしょうか(笑)

 

 

もちろんね、離婚を考え出した当初は、嫌だ!嫌だ!が増えたからです。

苦しみ遊びをしちゃったからです、今告白すると(笑)

 

 

でも、そこからいっぱい話し合うことで、ニュートラルに近い自分に戻ってきたのです。

 

落ち着いて考えても、わたしはやっぱり離婚をしたいと思ったし、

自分にとっても、相手にとっても、夫婦をやめた方が自分らしく生きられると分かったのです。

 

 

だから、結果、円満離婚なのです。

 

今も同じ部屋で寝てるしね(笑)

 

 

「夫婦」をやめただけです。

共通の子どもを持つ、チームメイトに変更しただけです。

 

 

 

そして、彼にとっては唐突なことだった。

何があったわけでもない、平穏な日に「離婚したい!」って

言い始めたわたしのお願いを、時間をかけて受け入れてくれたことには、

すごいなって思うのと同時に、ありがたく思うのです。

 

 

 

万が一ね、暴力を受けてるとかならば、有無を言わさず、逃げるが先です。

 

だけど、別に無理やり急ぐ必要も無かったわたしの選択肢は、

時間をかけてお互いに納得して離婚することだったのです。

 

 

 

--------------------------

 

んで、ここからは、わたしの価値観ね。

 

 

区役所の人にも「珍しいですね」って言われたけども、

 

実は、昨日、旦那さんと一緒に、離婚届を出してきましたの。

 

ランチして、買い物して、区役所へ(笑)

 

 

 

 

「離婚」するというと、どうしてもほとんどの人がネガティブに捉えるんよね。

 

 

 

結婚=幸せ、善いこと、した方がいいこと、ポジティブ

 

 

離婚=不幸、最悪、大変そう、ハゲそう(笑)、ネガティブ

 

 

 

 

「相談にのるからね!」

お気持ちは嬉しいのだけど、なんでわたしが悩んでると勝手に決めちゃうのよ(笑)

 

ほんまに、わたしは弱いし、強がりやし、へなちょこなのは知ってるよ。

だけどね、どこまで悩んで落ちたって、

わたしはちゃんとわたしに戻れることだけはね

わたしが1番分かってるつもり。

 

 

 

 

そして、子どもはわたしが二人とも引き取ると思い込んでる人もいるけど

上に書いたように別々になります。

 

そうすることで、思う人もいるだろうね。

 

 

 

「子どもたちが可哀想・・・」

 

そこは、1番わたしたちが考えたことです。

 

結果、息子もまじえて決めたこと。

 

 

 

わたしは、元夫を信頼してるからこそ、死にかけてまで生んだ子を彼にお願いします。

 

シングルファザーです。

 

死別でもしてなきゃ、あんまり居ないパターンかもね。

 

 

 

母親と離れるなんて可哀想!!!ありえない!!!って思いますかね?

 

そう言われてきた歴史みたいなものはあるけど、誰が決めたの?

 

それは、ほんとのこと?

 

 

「母は子どもといなければいけない」

そう言われてきたから、刷り込まれたその思い込み。

 

の可能性もございませんでしょうか?

 

 

わたしたちがこれから身体をはって経験してみて、

「それ別に関係なかったよ!」っていつか提示しますね。

 

 

 

そして、元夫がわたしを信頼してくれてるからこそ、

彼はわたしに、目に入れても痛くないような可愛い娘を託してくれます。

 

 

 

兄妹の絆。

 

そこだけは死守したいと思ってますが、結局は彼らが決めること。

 

本来ならば、一緒に居た方が良いのかもしれないけども、

これもわたしは一緒にいる彼らを見てきたからこそ「分かる」んです。

 

 

 

物理的に離れても、

彼らが本当に離れることはないと

ここで断言します。

 

 

 

物理的に一緒にいたって、

めちゃくちゃ仲違いしてる兄弟もたくさん見てきたしね。

 

どんなに近くにいたって、

結果財産をめぐって、縁を切る人たちも見てきたよね。

 

 

 

一緒にいたって、仲良い人たちもいれば、悪い人たちもいる。

 

その逆もしかりで、わたしは彼らの繋がりが、

 

そんなちゃっちいもんやとは微塵も思わないわけです。

 

 

そして、兄妹の仲がどうなるかは、本人たちが決めること。

 

 

 

 

常識なんか、クソくらえ

なんですわ、わたしにとっては。

 

 

 

 

 

 

 

そりゃね、寂しいよ。

 

だけど、大丈夫なんです。

 

 

 

子どもを悲しませたことも。

 

ごめんねとはちょっとは思うけど、別に後悔とか罪悪感はないんです。

 

 

それも、彼らの経験で、乗り越えられる強さを持ってるのを知ってるから。

 

 

 

 

だからね、子どもが可哀想だと、

 

わたしの子どもたちを勝手に見くびらないでいただきたい。

 

 

 

 

 

でねー、今、わたしの周りにはね、

最近結婚したり、結婚するっていうキラキラした人たちが居るんですよ。

 

 

ほんと、嬉しそうでね、キラキラしててね、幸せそうでね。

見てるわたしも嬉しいなって思うの。

 

 

それは、「結婚する」からよかったね、おめでとう!

って思うわけではなくて、

そんなにキラキラするほど幸せでよかったね!って思うのです。

 

 

 

だからね、一緒やと思うのですよ。

 

「離婚する」から、不幸だね、とか大変だね、とか、しんどそうとかね(笑)


(直接的には言われてないけど、思ってる風の人がちらほら居るからね)

 

 

 

ほっといてくれよ(笑)

 

余計なお世話じゃ、ハゲが(笑)

 

自分のハゲレベルの心配でもしとけばよろしい。

 

 

 

「離婚する」から、不幸そうな人が多いのは、

その人たちは、離婚してもしなくても不幸を選んでるからでしょ。

 

 

「結婚」だろうが「離婚」だろうが、

本人が納得して幸せそうだったら、それでいいのです。

 

 

 

わたしという人間を、見くびらないでいただきたいのです。

 

 

 

ほんまな、人の心配する前に

お前の(ハゲの)心配をしてくださいませ(笑)

 

 

 

 

お後がよろしいようで♡

ほなね、全国のおハゲさんたち♡

 

 

 

 

あ、2月6日!源&ルーシーの東京でのイベントは、気づいたら残2席ですよ!

イベント詳細ページ♡

 

 

夫婦をやめてみました。

 

今日ね、人生で初めて、離婚届を出してきたよ。

 

旦那さんと一緒に、ランチして、買い物して、区役所へ(笑)

 

 

 

 

えっと〜、「離婚」に対してのみんなの反応がいろいろで面白いんです(笑)

 

 

 

 

でね、なんでわたしが離婚を決断したかというと、

 

 

もうずっと「違和感」があったから。

 

 

もちろん、あれが嫌やなとか、これが嫌やな、とかありますよ。

 

 

 

人やから、いやなことなんか、ある。お互いに。

 

 

 

全部ひっくるめた時に、感じる違和感。

 

 

 

ずっと一緒にいると、お互いに足ひっぱるだけやって思った。

 

 

 

 

「幸せな家族像」ってあるやんか?

 

 

それに近づけようと必死こいてたんやよね。

 

 

 

色んな理由をくっつけて、その家族像を守るために必死こいてた。

 

 

 

そんなもん、わたしの水面下で巻き起こってることはわかってたけど、

 

 

今ある「幸せっぽい」形を壊すことが何よりも怖かったんよね。

 

 

 

 

だから、「なんか」あるけど、気づいてないふりしてたんよ。

 

 

なんか、居心地悪くて、ホンワカできへんのに、幸せぶってたんよ。

 

 

ありったけの、飾り付けをして、「わたしは幸せよ!」なんてふりをしてたんよ。

 

 

 

 

怖かった。

 

 

わたしの「違和感」のせいで、子どもを悲しませること。

 

 

どっちもの親に、心配かけて悲しませること。

 

 

夫を悲しませること。

 

 

 

たった1人

わたしだけのせいで、すべてが壊れるだろうこと。

 

 

 

 

わたしだけが我慢すれば、円満に家族はみんな笑ってるだろうに。

 

 

 

 

これ、わたしが小さいころからやってきたパターンね。

 

 

わたしが我慢してたら、みんな笑って幸せで平和。

 

わたしが黙ってたら、みんな笑って幸せで平和。

 

 

そう思い込んでたんよね。

 

 

 

 

でも、もうそのパターン要らんなった。

 

 

 

お前。

この「違和感」を抱えたまま、死ぬまで突き通すんか?

 

 

え!てか、わたし、100超えても生きるつもりでおるから、あと60年とか違和感抱えたまま???

 

あ、旦那の方が先に死ぬか!

 

でも、長生きされたら、あと何十年??????(笑)

 

 

 

 

まーね、何十年も耐えて生きることが生きがいで

それができるならやればいいんよね。

 

 

 

 

だけど、わたしは、もうやらないって決めただけ。

 

 

 

 

親みんなに心配かけたくない。

 

その気持ちは変わらなかったよ。

 

 

だけど、結果悲しませたし、心配かけた。

 

 

 

 

夫を悲しませたくない。

 

その気持ちも変わらなかったよ。

 

 

だけど、結果、やっぱり悲しませた。

 

 

 

 

子どもたちを悲しませたくない。

 

もちろん、それも変わらんかった。

 

 

だけど、いっぱい泣かせてしまった。

 

 

 

 

 

それでも、わたしは後悔してない。

 

 

 

 

 

お互いの親を驚かせて悲しませたこと。

 

離婚したい。なんて言わなければ、何事もなく過ごせたやろう。

 

 

 

 

 

だけど、普通に生きてたら、親が先に死ぬ。

 

 

 

親が死んでから、幸せな自分の人生を歩むのか?

 

親が死んだら、本当の自分を生きるのか?

 

 

いつ死ぬかも分からんのに?

 

 

 

 

 

子どもを悲しませたくなかった。

 

 

だけど。

 

 

わたしは、「子どもたちのために、自分を押し殺して生きてます」

 

そんな背中は、死んでも見せたくない。

 

それがわたしのエゴ。

 

わたしが、子供達に悟られないように演じきれるならいいけど、今の時点でアウト(笑)

 

 

 

正解か不正解かなんか分からない。

 

だけど、大人になったら、我慢することを選ぶんだ。

 

大人って自分を生きれないんだ。

 

 

そんな背中を、やっぱりわたしは見せたくなかった。

 

今、どんなに子どもが悲しんでも。どんなに泣いても。

 

 

どんなに、子どもたちに恨まれるとしても。

 

 

 

 

 

 

最終的にね、一緒に離婚届を出すに至ったけど、

 

そりゃ、ここまでくるには大変やったに決まってる。

 

 

 

 

この世のものとは思えないほどの暴言浴びせたし。

 

相手の気持ちなんか、考える余裕もなかった。

 

 

 

なんなら、子どもら連れて、蒸発してやろうかとか考えたりもした。

 

 

 

 

 

だけど、わたしの奥の方は、それが嫌だ!って言うんやよ。

 

 

逃げたら楽やって思うのに、わたしの「奥」は許さなかった。

 

 

 

それで、時間はかかったけど、何ヶ月も何ヶ月も、少しずつ少しずつ話し合った。

 

 

 

 

 

結婚して10年弱。

 

 

夫がいたからこそ、子どもを授かったし、子どもを授かったからこそ、わたしはわたしを生きることを知った。

 

 

この主要人物たちが居なければ、

この流ればなければ、

わたしには「自分を生きる」という概念すら無かった。

 

 

 

 

でね。

 

夫がほんとはどういう風に思ってるのかは、分からない部分もあるけど。

 

離婚が決まったからこそ、本当の彼がやりたいことの方向に進みだしてるの。

 

 

今は辛かろうが、悲しかろうが、ええ方向に進んでるのだけは分かる。

 

 

 

 

ほんとね、この離婚までの道のりで、わたしだって疲弊したし、苦しかったよ。

いっぱい悩んだよ〜。

 

 

ハゲそうやったよ(笑)(ほんまにw)

 

 

 

 

でも、やりたくてやってるのよ(笑)

 

 

苦しすぎる時には、わたしが信頼している人たちに、ちゃんと相談して解決していってる。

 

 

 

 

よくね、わたしの発してるエネルギーを察知して、

勝手に心配してくれる人おるんやけど、それ要りません(笑)

 

 

昔ね、わたしも人のエネルギー察知してまうから、

そういう余計なお世話してたんやけど、その人、必要やったら自分でちゃんと言うてくるから。

 

 

 

心配するなら、信じてほしい。

 

 

わたしを信じてくれてる人はね、だいたいみんな黙って見守ってくれてる。

 

相談とか、報告しても、

「ルーシーが決めたことやから、大丈夫やね♡」なんて言うてくれるんよね。

 

その人の価値観入った提案も勝手にしてこない。

 

 

 

わたしも人間やし、そりゃ、疲れたエネルギーも発してたと思う。

 

 

日頃のわたしの投稿の内容とか見てたら察知する人もたくさんおったと思うよ。

 

 

 

別にね、わたしってば、強いから大丈夫なんじゃ!とは思わんけど、

病院にいかなあかんほど、病むまで放置せんから(笑)

そのすんごい前段階で、何かしら回避する手段取れるから。

 

 

だって、離婚するからって病むくらいのやつに、人生相談したないやろ(笑)

(ハゲそうやったけどな、アゲインw)

 

 

 

というわけで、

離婚はお互いの人生をよりよく生きるための選択です。

 

お互いにね、世間体のために我慢してたら、ほんまにハゲてくるんですよ、まじで。

 

 

 

 

なので。

勝手に、かわいそうとか不幸とか、心配して頂かなくて!!!!!!!

 

 

 

結構毛だらけ猫・・・・・・・やめとくわ。

 

 

 

 

 

あ、あとね、裏でメッセがやたらとくるので、ここでまとめて応えとく(笑)

 

 

 

(Q)離婚するの?

 

(A)離婚したの。

 

 

(Q)子どもたちはどうするの?

 

(A)上の子はパパが親権者。下の子はわたしが親権者。

 

 

(Q)大阪に引っ越すの?

 

(A)もう、大阪に家は借りてます。娘は4月から大阪の幼稚園です。

   パパと息子は、今まで通りです。

   なので、東京大阪は、しょっちゅう行ったり来たりします。

 

 

 

 

子どもたちがバラバラになること。

たくさん考えて決めた、現段階の結論。

 

 

息子が、東京に残ることを決めたので、それを尊重したいと思うんです。

 

 

娘は、わたしが女帝に仕上げると決めているので、わたしが育てるというか、共存します。

勝手やけど、わたしじゃないとダメなんです、今は。この人は。

 

 

彼らがもっと色々分かってきたら。

 

 

どうしたいのかを決めるのは、彼らです。

 

 

年長さんの6歳の息子は、本当に優しいの。

 

「パパが可哀想だから。パパは、僕がいないと寂しいでしょ?」って言うの。

 

 

パパじゃなくて、自分はどうなんじゃ!!!って思った時もあるけれど、

 

 

「パパが寂しがるから一緒に居てあげたい」そんな息子の意思を尊重したいと思ったのでした。

 

 

何度聞いても、揺るがないんやよ。

 

強いでしょ、息子。

 

 

 

何よりも。

 

なんの根拠もないけれど。

 

この兄妹の絆は、どんなに離れさせても、切れないということ。

 

わたしたちはそれを知ってるから。

 

 

 

今はね、正直寂しいし、悲しいわたしもいる。

 

いっときは、わたしが二人とも手放すと決心した。

 

そこから、たくさん話をして。

 

 

今はそんな感じ。

 

 

正直、不安もあんまり感じないし、いたって普通なの。

 

 

 

 

 

見ときや。

 

一緒におる=幸せ

 

という方程式だけではないと、証明してみせるから。

 

 

 

一緒におっても幸せ。

 

一緒におらんでも幸せ。

 

 

 

そんな形を。

 

家族みんな巻き込んでの実験です。

 

 

 

 

そんなに「自分を生きる」にこだわらんでもええかと。パンツ持って行ったで!笑

 

今回は、ちゃんとパンツ履いていったで、岡山〜〜〜〜!

 

鬼ぃ〜〜のパンツはいいパンツぅ〜すごいぞ〜〜すごいぞ〜〜♡

 

 

 

パンツを忘れて、三重に仕事でいったのは、いつだったっけか(笑)

 

このブログだ!!!!

 

いや〜〜、ネタ的におもろかったけど、まさかノーパンでお伊勢さん巡りするとは思ってなかったYO!

 

 

 

 

 

さーてさてさて。

 

人生で初めて岡山に行ってきた♡

 

 

 

 

 

てかね、ルーシーね、いつでも人を笑わせることにめっちゃ脳みそフル回転してるんやよね。

 

 

 

 

 

 

岡山ぴーぽー!!!!!!!!!

 

 

ほわーい 反応薄いのだ!!!!!!!(笑)

 

 

次回は、頼んまっせ、ほんまにw

 

 

まじで、ルーシーおもんないんかと思って、凹む寸前やったからね!!!笑

 

と思ったら、みんなめっちゃレポ書いてくれてて、喜んだわ、一人でw

 

 

 

 

 

では、レポります♡

 

声紋分析心理学の詳細は、勝手に読んでおいてねww

声紋分析心理学って何?

 

 

 

6秒間、たった6秒間、自分のフルネームをマイクに向かって連呼するだけ。

 

そこから「本当のあなた」が出てきますのよ。

 

 

 

 

うんうん、今回も居たよね。

 

「◯◯◯子です。◯◯◯子です。・・・」って、機械に対して礼儀正しい人(笑)

 

 

「です」いらねぇから!笑

 

 

 

death

 

 

 

死んじゃうよ?

 

 

 

 

 

 

でね、声紋分析ではね、

 

「あなたの行動の動機や視点がどこにあるのか」が見れるのね。

 

 

 

・自分軸(自分のために)

 

・他人軸(目の前のあなたのために)

 

・社会軸(みんなのために)

 

 

 

 

 

今の世の中、「自分勝手でいいから、自分を生きろ!」

 

って、よくいろんな人が言ってはるやん?

 

 

 

ルーシーもね、別にそれはそれでええと思ってるし、なんぼでも自己中で生きたらええと思うねん。

 

 

 

 

が!しかしやで?

 

 

 

 

もしね、自己中やってみたけど、苦しすぎるんやったら、

 

他人のために生きる自分がおってもええと思うのね。

 

 

 

 

こないだの、源ちゃんとのイベントでもあった話やねんけどね。

 

 

声紋分析で、この「自分軸」に色が出てこない人はね

 

だいたいみんなガックリしはんねん(笑)

 

 

 

 

「わたしは自分を生きたいんです!!!!!」って。

 

 

 

 

分かる。

 

分かるから、まぁ、落ち着いてちょんまげ。

 

 

 

 

 

例えばね、あなたが裁縫が得意やったとしますよね?

 

 

ちょっと、極端な例えになるかもしれないけど、

 

 

・カバンをひたすら自分の好きなように作りだすことに喜びを感じる。

 そのカバンが、誰の元へ行こうが、喜ばれようが別にどっちでも構わない。

 

→これ、声紋分析で言うところの「自分軸」。

 

 

・カバンを自分の好きなように作り出すことに喜びを感じるが、誰かのためを思って作るから喜びを感じる。

 ただ、作ればいいのであれば、特に作りたく無い。

 

→これ、声紋分析で言うところの「他人軸」。

 

 

 

 

 

他人軸の人はね、どんなに自己中にカバンを作ろうと思ったって、そこにそもそも喜びを感じないんやよ。

 

受け取る人の喜ぶ顔が見たいとか、そういう気持ちがあるからカバンを作りたいの。

 

 

 

 

 

目の前の人のために、目の前の人が行動の動機となる「他人軸」。

 

それがあなたなのだから、自己中に生きれない自分が嫌だなんて言わないでね。

 

 

 

 

 

 

てか、もう、とっとと、とーーーーととととと、あきらめてくださいませ(笑)

 

 

 

 

目の前の人のために行動したい、という自分軸であなたは生きてるのだから。

 

 

 

 

 

 

 

自分を生きるってね、自分の感覚に正直に生きること。

 

 

自己中に生きることがことが、必ずしも「自分を生きる」ではないよ。

 

自分の感覚に、流行りもクソもおまへんで。

 

 

 

 

 

いろんな人が言ってること、いろんな人が書いてること。

 

 

 

そんな情報を引き寄せたってことは、あなたが知ってたらいい情報なんやけど、全部鵜呑みにしとったら、ほんま。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハゲ散らかしてまうよ♡

(枕元で一晩「ハゲハゲ」唱え続けたろか!w)

(時給1万円)

 

 

 

 

 

 

でね、

 

 

思考ばっかり使って、「感覚」をうまく使えないんです〜〜〜

 

 

 

っていう人も多いけど、小さなところから「感覚」を使う練習は出来る。

 

 

 

パンを買うなら、「こっち」と「あっち」、どっちがいいか。

 

 

 

瞬間的に、「こっちが食べたい!」って感じたのに

 

値段みて「あ、高いからあっちにしよう」という思考で感覚を消しとんねん。

 

 

 

 

感覚に従って、いきなり何十万もする何かを買えとは言わないから、

 

そんなパン一つの小さなところから、感覚をキャッチする練習は出来るやん??

 

 

 

 

 

でね〜〜〜〜

 

 

今回はね〜〜〜〜〜〜

 

 

 

軸なし(自分も他人も社会軸も無いw)の人も出現したんだわ(笑)

 

 

 

詳細は書かないけどね、いろんな理由から「自分」を消しとった人でね。

(その人がそうしてた気持ちや理由は、わたしも痛いほど分かるの)

 

 

 

 

そういう人にルーシーは、、、、、、

 

 

初対面でも、相手がお客さまでも

口から失礼なことが勝手に出てきちゃうのがたまに傷(とは、さほど思ってない)w

 

 

 

 

「薄気味悪いぞ。正体を明かせ!」

(陰陽師かw 誰キャラなんでしょう・・・w)

 

 

 

 

 

ほんで、正体明かしたあとに、もう1回分析したらば!!!!!!!!

 

 

速攻、思いっきり変化がありましてん(笑)

 

軸ががっつり出てきたのよね、これがまた。

 

 

すごいよ、声紋分析って。

 

 

 

「声」は嘘つかない。

 

 

 

指紋と一緒で

「声紋」はうそつかないアルよ!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

◎でね、声紋分析ね、変化していくので、定期的に受けるのもおすすめです^ー^

 

 

こないだ岡山でのイベント終わったばっかりなんだけど、3月25日にもまた呼んでもらってます♡

 

しかも、告知してないのにもう満席なので、お席増やしての募集もそろそろ始まると思いますよん♪

 

 

 

ルーシーね、自分で集客とかめんどくさくてあんまりできないので、呼んでもらうのん、めちゃ嬉しいです(笑)

 

 

 

 

【では、今回の写真集♡】

 

 

招致してくれた、田辺沙織ちゃん♡

会った瞬間に「ちっちゃーーーーーー!!!!!!」って言ってもうたけど、ルーシーも同じやったw

2016128152639.JPG

 

 

わちゃーーーーしとった♡可愛いサンタが二人♡

2016128152743.JPG

 

2016128152817.JPG

 

 

セミナー中、チビルーシーは1秒足りとも、ママルーシーに近づいてこないほどに楽しんでたw

2016128152853.JPG

 

セミナー後の、美女お茶会w

2016128152922.JPG

 

 

翌日のランチ会は、お一人さま!

がっつりセッションみたいになって、これはお得やった!!って自分でも思う〜ぅ♡

2016128152957.JPG

 

一人だけピンとがあってるのをあえて選んでみたw

躍動感に溢れてるw

2016128153025.JPG

 

 

ルーシーの声紋分析のお問い合わせはお気軽に♡

 

・全国どこでも行きますよん♪ 10名ほど(もっと多ければ嬉しい)集めてください〜

 料金などは、お問い合わせくださいねん♪

 

 

・ルーシーの声紋分析を絡めたセッション(大阪 淀屋橋 OR 東京 品川)

 こちらは、声紋分析もするけど、がっつりセッションになります。セミナーよりもぐっと濃くなります。

 2時間以内 18,000縁(男性も可)

今日は全員ハゲにしか見えんかった!!!!

 

いや〜〜〜。

 

昨日は、長男の、小学校就学前の健康診断。

 

今日は、長女の、区の3歳児検診でした。

 

 

 

なんかね、この二日間、検診に連れていくという母親っぽいことして(笑)

 

 

めちゃくちゃザワザワしてしもたのー。

 

 

とりあえず、上の息子は、アレルギー持ちで、ちょびっと虫歯って言われたの。

 

 

 

その時の先生の冷ややかな顔。

 

 

「おめー、母親だったらちゃんと磨けよな」みたいな感じ。

(完全なる思い込みやったりするけど、そうでもなかったりもする)

(しかも、磨いてるつもりやったわ!!!!適当にしてたつもりないわ!)

 

 

 

予防接種もわたしは必要を感じてないし、義務じゃないし

 

全部は受けさせてないんやけど

 

「残りも受けるように」ってジジイ。

 

実際にハゲとったわ。

 

 

 

 

んで、今日も、娘の検診で、

 

「予防接種受けてください」ってババア(笑)

 

 

 

 

(口悪くてごめん、でもムカついたのw)

 

 

 

 

義務ちゃうやん。

 

 

 

予防接種に関してだけ言えば、賛否両論じゃないか。

 

 

いろんな意見、いろんな本が出て、いっぱいいっぱい考えて

 

その上にわたしの感覚あっての選択をしてるのに、何を杓子定規でガタガタ言うてんねん。

 

 

 

「子宮頸がんに関しては、賛否両論ありますが、それ以外の予防接種では賛否両論はありません。受けるべきです」

 

 

お前!!!!!!!!

 

 

何してきてん。

 

 

なんで、知らんのじゃ、ハゲめ。

 

 

 

 

ってね、わたしも知らんわ。

 

 

何が正解とか、知らんわ。

 

 

自分が決めた選択が合ってるかどうかなんて知らんわ。

 

 

だけど、色々考えてやってることを、お前の知らない具合で勝手に決めるなよ。

 

 

お前以上に、我が子のことは愛しとるわ。

 

 

賛否両論、実際に世の中に出とんのに、それ知らんとかふざけるな、ハゲババア。

 

 

国の決断だけ見て、ガタガタほざくな。

 

 

 

 

 

インフルの予防接種だって、うちの子ら受けたことないわ。

 

 

それで、インフル注射受けてる大半の子どもが休んでる中、毎年休むことなく登園しとるんじゃ、ハゲ!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

ふぅ。

 

 

すっきりした(笑)

 

 

 

 

 

 

すみませんでした、取り乱しました(笑)

 

 

 

 

 

 

なんかね。

 

 

諸々、色々言われてね。

 

 

わたしがすんごい受け取ったのは

 

 

 

 

 

「母親がちゃんとせーや!!!責任持って育てろや!」って言われてる気がしたから。

 

 

 

 

 

わたしは、「子育て」に興味がないのはいつも言ってることやけど、

 

子どもに興味が無いわけではないし

 

放置してるわけでもない。

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ、いろんなこと考えた上で選択してるのに

 

世間の当たり前を押し付けられてるような

 

なんとも言えない、束縛感、郷に従え感にほんまに嫌気が刺した。

 

 

 

 

全部を母親に押し付けんなよ。

 

 

 

 

みんな一生懸命考えてやっとんねん。

 

 

勝手に決めつけるな、バーカ。

 

 

お前だけの常識でぐーたら抜かすなハゲ。

 

 

 

って、どうしても思ってしまうんやよ、わたしは。

 

 

 

 

 

 

 

きっとね、母親がやるべきだ!!!!!!!

 

 

ってのは、育った環境云々だけじゃない気がするの。

 

 

 

 

これは、もう、この世界全体の根本に根付いてるような

 

それをみんなが受け継いでるような

 

そんな気がするんだよね。

 

 

 

 

 

 

なんやろ。

 

 

なんか、軍隊に入れさせられるような。

 

 

そういう感覚がしちゃったんだよね。

 

 

 

くそくらえ。

 

絶対いやだ。

 

 

 

 

 

しっかり強くなれ、ルーシー。

 

 

まだまだ途上中♡

 

 

 

ここから何に気付いていくのかは、また後のお楽しみやわ。

 

 

 

とりあえず、今日は、全員ハゲにしか見えんかった!!!

お金って単なるツールやで?

 

初めて書くよ、お金のこと♡

 

きっとね、お金にとらわれてる人が読むとうざいと思うわ(笑)

 

 

 

嫌ってくれてもいいよ。

 

でも、お金に振り回されるのはゴメンなんやよ。

 

 

 

 

 

ルーシーね、40年間生きてきて

 

お金に困ったことが無いのよ。

 

(いきなり、うざいやろ?w)

 

 

 

 

きっと、わたしが生まれる前とか赤ちゃんの時

 

両親は大変な時を過ごしたと思う。

 

でも、ルーシーはずっとお金には何も困らずに生きてきた。

 

 

 

 

 

 

だけど、小さなころから、辛かったー。

 

 

 

 

学校とかで、周りのみんなはお金無いって言ってて。

 

その大変さが、わたしには何も分からなかったの。

 

分からないから、貧乏な子たちとの間に距離があった。

(わたしが勝手に距離を感じてただけ)

 

うちに遊びに来たら、置いてるお金を盗んでいく子もいた。

 

 

 

そして、もちろん、わたしが羨ましいって思う人もたくさん居た。

 

 

 

 

 

 

 

大学に行きたくてもお金が無くて行けない子とか

 

自分の生活費を一生懸命バイトして稼いだりとか。

 

 

 

 

 

大学行ってることで、「ルーシーすげー!」とか。

 

 

何もしてないのに。。。

 

 

 

 

 

なんの努力もせずに、わたしにはお金があった。

 

 

 

 

みんなと違う、そんな自分がとても無力に見えた。

 

 

みんなと違う自分が嫌いだった。

 

 

 

 

お金のために、一生懸命、四苦八苦生きてる友達を見ては

 

わたしは苦しくなったの。

 

 

 

 

 

お金があるなら、わたしは何をしたらいいの?

 

 

みんなみたいに一生懸命生きたいのに、何をしたらいいの?

 

 

わからなかったの。

 

 

その時のわたしには、ほんまにわからんかったの。

 

 

 

 

苦しかった。

 

みんなと同じになれなくて、辛かった。

 

 

 

 

なのにね、わたしは、何もしてないのに羨ましがられて妬まれた。

 

 

 

 

 

 

 

でね、時系列おかしなってきたけどw、中学からは、お嬢様学校〜〜(笑)に通ったんやで〜(笑)

 

 

まーーーー、金持ちばっかりw

 

 

今までのわたしが金持ちとか、何やったん???って思うくらいに

 

 

みんなすげーの(笑)

 

 

家にプールあるとか、地下室にカラオケバーあるとか、当たり前みたいなww

 

 

 

 

お金ある人に触れたら触れたで、なんかすんご違和感があったの。

 

 

親に全力で頼ってお金使ってるとかの、意味わからんかった。

 

 

 

 

 

無視されたこともよくあったんやよねー。

 

 

なんで?みんなのがお金持ってるやん?

 

 

わたし、いじめられるほどの貧乏でもないやん?

 

 

何がダメなの?

 

 

ほんま、特に何もしてないのに、なんでやねん。

 

 

 

 

でね。

 

どうしようもなくて、自分がわからなさすぎて、最終的にわたしはアメリカに逃げた。

 

 

自分を見つけようと、お金があるからアメリカに逃げた。

 

 

 

 

でも、見つからなかった。

 

 

死なない程度の英語はできるようになったけど、

 

やっぱり、わたしは何して生きたらいいのか、わからなかった。

 

5年も居たのに。

 

 

 

 

 

日本に帰ってきて。

 

もう20代も後半だったの。

 

 

 

 

 

やべー。

 

遅くても、みんな22くらいで仕事初めてんのに

 

やべー。

 

 

 

 

でもね。

 

お金のために、わたしも一生懸命にならなくちゃいけないって思ってたから。

 

親のスネ、いつまでもかじってちゃいけないって思ったから。

 

 

 

 

 

東京のほんと、ブラック企業にすんなり入ったわ(笑)

 

 

給料はよくも悪くもなかったと思う、その頃のわたしには。

 

 

でも、みーんな年下だったから、年下にえらそうに言われる日々に、イライラした。

 

 

 

 

で、残業ばっかやし、上司(年下含む)は怒ってばっかり。

 

 

なんも、面白くなかった。毎日。

 

 

 

 

 

で、1年半くらいしてから転職したら、給料めっちゃ上がった。

 

 

地位もあがった。

 

 

 

 

 

でも、上司はよく怒ってるし

 

やっぱり毎日、何も面白くなかった。

 

 

 

 

いっつも終電逃してー

 

体も精神もおかしくなった。

 

 

 

 

 

で、また1年ちょっと経ったら

 

今度はコンサル会社の派遣社員になってみた。

 

もう、正社員とか要らないわ〜って。

 

安定って、何でしたっけ〜〜って。

 

 

 

 

英語できるからって、時給は3000円近くになった。

 

 

 

でも、超絶暇w

 

 

暇が辛くて仕方ない日々を送った。

 

 

やれる仕事探すのに一生懸命になる日々(笑)

 

 

結局「坂本さんは怖いから、もう契約は要らない」って切られた(笑)

(これね、怖いっていうか、仕事上で当たり前なことをはっきり言う派遣がうざかっただけよw)

 

 

 

 

 

 

 

お金

 

 

地位

 

 

 

もらっても、わたし、何も楽しくなかったんだよ。

 

 

 

 

 

 

でね、子どもの頃から、周りにもお金持ってる大人も多かったの。

 

 

 

 

 

その人たち、何も嬉しそうじゃなかった。

 

 

 

お金のために、人との縁を、人相変えてまで、切っちゃう人とか。

 

 

 

お金のために、他の人を上手にけおとす人とか。

 

 

 

何億円あったって、満たされない人、たくさん見てきた。

 

 

 

毎月何百万円の収入があっても、幸せそうじゃ無い人いるんだよ、たくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

お金ってなんだろう??

 

 

 

 

 

 

ほんとにね、お金に困ってて、お金が必要なら、めちゃがむしゃらに頑張れると思う。

 

 

やればいいって思う、ほんまに。

 

 

 

 

 

だけど、一回、一文無しになってみればいいんだ。

 

そしたら、がむしゃらに頑張れるから。

 

 

 

とか言われても、なんでわざわざ一文無しにならなきゃなんねぇんだよ、って思う(笑)

 

 

 

 

 

お金が無いとね、きっとお金があるのが羨ましいって思うんだろう。

 

 

 

だけど、わたし、幸せなお金持ちをあんまり見たことが無いから、別にお金持ちになることをお勧めはしないよ。

 

 

 

わたしがこう在りたいなって思うんは、お金を持ってる幸せな人。

 

 

 

 

 

お金=幸せ

 

 

 

では、ないよ、絶対に。

 

 

 

 

お金は、自分の周りを好きなもので囲むために、そうやって幸せを満たすためにあったら良い一つのツールであって、お金を稼いだら幸せっていうのはただの思い込み。

 

 

 

だって、稼ぎたいんやったら、割のええ仕事なんでもやったらええだけやん。

 

 

 

 

ルーシーは思うの。

 

 

お金稼いだら、幸せ〜〜〜♡って言ってるやつは、嘘っぱち。

 

 

自分の奥にまだあるはずなんだよ、本当の宝石が。

 

 

 

 

 

酒は飲んでも飲まれるな!

 

 

金も同じ。

 

 

金に飲まれたら、どんだけ稼いだって、どんだけ貢いでもらったって、無いのと同じ〜。

 

 

 

 

 

お金は、生きるための一つのツール。

 

振り回されたもん負けやで。

 

 

 

 

まずは、あなたがどうしたいのか。

 

 

 

 

ルーシーが、お金があって苦しかったからこそ、自分の中でたどり着けたんやと思う。

 

 

 

 

 

はい、お金は思う存分ありますよ。

 

んで、あなたは、どうしたいのですか?

なんか分からんけど、あなたはオモロイ生き物だ!笑

 

源「タンクトップ着て行った方がいい?」

 

ルーシー「もっちろーんやろ!(ランニングやっちゅーねん)」

 

 

 

てなわけで、ちゃんとランニ・・タンクト・・

いや、ランニング着てきてくれました♡

 

 

 

優しいなぁ、もう(笑)

 

 

 

10月最終日でっせww

201611111517.JPG

 

 

 

というわけで、昨日はアロマ&声紋分析 in 東京!

増席しての開催、無事に楽しく終わりました♡

 

 

 

 

そして、昨日はさそり座の新月だったの(間際まで知らんかったけどw)

 

 

テーマは「破壊と再生」

 

 

 

今までの自分が握りしめてきた

「思い込み」や「価値観」そんなものをぶっ壊して新しい自分を進んでいく。

 

 

そんな日に、みなさんとご一緒できたこと、嬉しかったです^ー^

 

 

 

 

 

 

やっぱり、声紋分析って個性がいっぱい出てくるわよ〜〜。

(オネエ言葉みたいになっちゃたw)

 

 

 

「目の前のあなたのために」生きることに喜びを感じている人が

 

それをやめちゃってたら、やめちゃってることも見えてくる。

 

 

 

 

じゃあ、そこからどうしたらいいのか。

 

 

 

いや。

どうしたいのか。

 

 

 

それを考えるきっかけをくれる声紋分析。

 

 

 

 

 

源ちゃんのアロマ心理分析もそう。

 

 

臭い!と感じたり、いい匂い♡って感じたりする。

 

 

それぞれの香りには意味があって。

 

 

 

 

例えば「今を生きる」アロマがクサイと感じるのであれば、

そこにあなたが意識的にか無意識的にか

「握りしめている何か」があることが見えてくる。

 

 

過去や未来に囚われていないか?

 

 

 

 

 

どっちの分析もね、結果に一喜一憂する必要はなくて

 

そこには、良いも悪いもなくて。

 

 

ただ、今の自分がどうなのかに気づくきっかけにすぎない。

 

 

 

気づいて、知って。

 

 

 

んで、あなたはどうしたいの?

 

 

って、あなたのことをどう調理するかはw、あなたの役目。

(そして、別にやりたいようにやってもやらなくてもいいしねw)

 

 

 

 

ふと、昨日のイベントを傍観してて

(いや、ちゃんと、ちゃんとしてたよ!!笑)

 

 

 

色々と感じることがあったんだ。

 

 

 

 

「こんな風に在る自分」

「こんな風に思う自分」がダメ。

 

 

みたいに、思いがちかもしれないけど

 

ダメなことは何もない。

 

 

 

 

どんなにゲスくてもいいし、

 

どんなにあざとくてもいいし、

 

どんなにエゴエゴしててもいいし、

 

どんなにコミュニケーションが下手でもいいし、

 

どんなに勇気を出せなくてもいいし、

 

どんなに何かに怯えててもいい。

 

 

 

 

どんなに・・・・・・・うん、どんなでもええ(笑)

 

 

 

 

克服しなきゃ!!!!!なんて、ただの思い込み。

 

 

 

 

好きは好きでいいし、

 

嫌いは嫌いでいい。

 

 

 

全部をちゃんと受け入れなければいけないとか、

 

こんな風にならなきゃいけないとか、

 

楽しまなくちゃ!とか(その時点で楽しくなさそうw)、

 

そんなものただの思い込み。

 

 

 

 

変化しなければいけないとか、

 

成長しなければいけないとか、

 

 

 

 

そんなんも、ただの思い込み!!!!!!

 

 

 

 

「わたしは、生きてるだけで価値がある!!!!!」

 

 

とか、よう頑張って言ってる人も見かけるけど、

 

 

そこまで気合い入れんでええし(笑)

 

 

 

 

価値ってなんだよ。

 

価値なんか、あってもなくてもええ。

 

わたしに価値がなきゃダメってのも、思い込み。

 

 

 

 

 

あなたが、そこに居る。

 

 

あなたが、ここで生きている。

 

 

 

 

で、何をどうしたいの?

 

 

 

 

それだけやと思うのです。

 

 

 

 

 

 

ぐふふふふ(笑)

 

わたしには価値がある!!!!

 

 

って、必死に思い込もうとすればするほど、自分には価値無いように思い込んでまうと思うで(笑)

 

 

というか、

「わたしはわたしのことを価値が無い人間だと思っています!」っていう奥の声が聞こえてくるの(笑)

 

 

 

何遊びやねん、ほんま(笑)

 

 

 

どっちでもええのに(笑)

 

 

 

 

 

変化が怖いと思うなら

 

変化しない選択してもいい。

 

それは、意気地なしなんかじゃない。

 

 

 

あなたは「変化が怖い」って恐怖を味わっている、勇敢な生き物だ!!!笑

(ほんまに思ってるからねw)

 

 

 

 

変化は怖いけど、

 

なんか勇気出して進んでみたい!って感じたなら、勇気出してみたらいいやんね。

 

 

 

どれも正解。

 

みんな正解。

 

 

生きてるだけで丸儲けの大正解♡

 

 

 

 

いや〜〜〜〜、昨日は何喋ったんか、ほとんど覚えてないけど(笑)

 

よく笑ったのだけは覚えている。

 

 

 

源ちゃんも、イベント続きの中、昨日もありがとうございましたっ!

 

今月の大阪もよろしゅうお願いしまーす♡

 

 

 

先に帰っちゃったみんな、写真一緒に撮ってなくてごめんねーー(涙)

 

 

 

ルーシーの写真の下手さ具合に、自分が1番ウケちゃったw

結局、王子に撮らせるw

「どーも、とぅいまてん・・・」みたいになってるルーシーw

2016111115715.JPG

 

 

これは撮れたのになー、なぜだろう・・・w

201611111595.JPG

 

 

 

11月19日は大阪で開催しますよ!

残席2なので、お早めにどうぞ♡

http://www.bloomin-lucy.com/contents/2016/10/1119-6-in.php

 

ページ上部へ